0120-83-8336
NEWS

 

梅雨入りの季節

陰暦に基づく播種及び定植に適した期間

地上に実のなる作物の播種及び苗の定植日

 

  6月14日 ~ 6月28日

  7月13日 ~ 7月28日

  8月11日 ~ 8月26日

  9月10日 ~ 9月25日

 

上記の期間内に合うようⅡ作業日程を調整されますと

作物は丈夫に育ち、害虫の被害軽減にもつながります。

 

地中にできる作物の播種及び苗の定植適した期間

 

  5月29日 ~ 6月15日

   6月28日 ~ 7月14日

  7月28日 ~ 8月13日

  8月26日 ~ 9月11日

上記の期間内に作付けされますと作物は丈夫に成長します。

作業日程を調整した作業計画を立てられる事をお勧めします。

 

[ 2018年6月2日 ]

  5月も下旬に入りました

季節外れの暑さが各地でみられますが

梅雨も本格的であれば雨量もあり水源地も安泰

空梅雨の場合は、水源地の水ガメが心配になります。

暑さで野菜の生産にも影響が出そうですから

色々なところで生活と企業に水の影響が心配になります。

家族の健康にも十分な配慮が望まれる気象環境です。

 

[ 2018年5月22日 ]

 

 真夏日の温度になったり、3月の気温に逆戻りしたりでは

人間の身体だけでなく、植物も適応力が大変だと感じます。

この気象状況が継続すると どうなるのでしょうか

地球上の環境が大きく変わり、同じ緯度でも温度の違いが

大きくなる環境下にあります。

異常な気象状況下でも体の健康が何より大事です。

深呼吸を何回も実行しますと、新鮮な酸素が脳に行き届きます

大事な脳の働きが正常ですと身体の健康、病気に罹りにくい身体

健康体の維持に繋がります。

深呼吸は無料の健康法です。ご活用ください。

 

[ 2018年5月9日 ]

   5月に入り新緑が生い茂る状況で、ひと月早い感じがします。

地球上の高温化がもたらす影響ですが、この先どの様な展開になるのか

今のような気温環境で進行すると夏には40度の日も想定しなくては?

32℃暑さが厳しいと思っていましたが・・・

35度を超えて40度の日が続くとどうなるのでしょうか

余計な心配と思いがちですが、現実的な事が起きかねない環境です。

健康に気配りして健康体を維持してください。     感 謝

[ 2018年5月2日 ]

作物の生育は陰暦の影響が大

地上に実のなる作物の播種及び定植部

4月16日  ~  4月30日

5月15日  ~  5月29日

6月14日  ~  6月28日

上記に期間内に実行される事で

作物は健康に生育すると言われています。

 

地中の出来る作物の播種及び定植日

3月31日  ~  4月16日迄

4月30日  ~  5月16日まで

5月29日  ~  6月15日迄

上記の期間内に実行されますと

作物は自然の作用で健康に成句すると

古来よりの金言であります。

ご活用ください。

[ 2018年4月5日 ]

 新年度に入る4月

ピカピカの一年生の姿が見られる新鮮な季節です。

気温の変動が大きく、春を通り越して夏の気温に上昇の時も

温度の変化に身体がついて行けない最近の地球ですが

作物も温度の変化に戸惑うことで健康な生育が懸念されます。

日々の生活で風邪を引かない様 うがいもこまめにしましょう。

[ 2018年3月27日 ]

 新年度に入る4月

ピカピカの一年生の姿が見られる新鮮な季節です。

気温の変動が大きく、春を通り越して夏の気温に上昇の時も

温度の変化に身体がついて行けない最近の地球ですが

作物も温度の変化に戸惑うことで健康な生育が懸念されます。

日々の生活で風邪を引かない様 うがいもこまめにしましょう。

[ 2018年3月27日 ]

寒さと暖かい日の交差する季節

風邪をひき易い時期でもあります。

風邪ぐらいと軽く思わないでください。。

風邪は万病のもと と古代よりの伝えも

風邪が元で大病にかかる事例もありますので

充分にご注意ください。

健康体での活躍には 植物酵素が一番です

「超☆宝水」をお試しください。

[ 2018年3月7日 ]

  間もなく春本番です

作物の元気な生育には土壌の元気が一番

播種、苗の定植前の圃場土づくりが先決です。

有機質肥料を投入し「惣作酵素」の5千倍希釈水を散布

微生物が繁殖する事で団粒化が進みます。

透水性、通気性が向上しますから根が張りやすくなりますから

発芽した双葉は、肉厚で大きく開き健康な生育に繋がります。

双葉の時点でその作物の生涯が決まるともいわれています。

春先の圃場に力を注ぎましょう。

 

[ 2018年2月26日 ]

大きく吸い込んだ酸素を肺に送る深呼吸法です。

普通の深呼吸では肺には酸素が少しの量しか届きません。

大きく吸い込み、息を止めて肛門をしめ、下腹に力を入れる

事数秒間、酸素が肺にに早く届きます。

肺に入った酸素が脳にも多く送り込まれて活性化の作用

この動作を数回繰り返す事が有効と述べておられます。

この深呼吸法は、お金もかからず自由に好きな時にできます

そして誰でも年齢に関係なく1日に何回でもできる事です。

脳に新しい酸素が届くことで、脳の新陳代謝が進む事が

体の健康正常化に繋がる と強調されておられます。

直ぐに実行でき 塩谷式 無料の健康回復法です。

実行で身体が若返る事につながります。

[ 2018年2月22日 ]

 

   作物は双葉の時点で出来不出来が決まる

 子葉は成長のバロメーター 藤目幸擴先生の金言です。

 丈夫な双葉の形成には

   発芽には土づくりする事が基本的な事になります。

   微生物が繁殖し団粒化した土壌

   リン酸分を作物が吸収できる土壌

   発芽に適した水分、肥料成分が整った土壌

 以上のような圃場つくりを目指しましょう。

 土つくりには「惣作酵素V」の5千倍希釈水を散布する事で

 微生物が繁殖し、土壌の団粒化に繋がります。

 土壌でアルミと結合しているリン酸の中和に作用しますから

 作物はリン酸を吸収可能な環境が出来上がります。

 発芽した時点では「惣作酵素V」の2万倍希釈水を散布

 発芽5日経過後からは1万倍希釈水を散布

 丈夫な発芽は病気にもかかりにくくなります。

 作物の健康生育にご活用ください。

 

 

[ 2018年2月10日 ]

 

深呼吸法で大きく吸い込んだ酸素を肺に送る深呼吸法です。

普通の深呼吸では酸素が肺には少しの量しか届かないので、

大きく吸い込み、息を止めて下腹に力を入れる事数秒間

肛門をぎゅっと占める事でより酸素が肺にに早く届きます。

肺に入った酸素が脳にも多く送り込まれて活性化する。

この動作を数回繰り返す事が有効と述べておられます。

この深呼吸法は、お金もかからず自由に好きな時にできる

そして誰でも年齢に関係なく1日に何回でもできる事です。

脳に新しい酸素が届くことで、脳の新陳代謝が進む事が

体の健康正常化に繋がる と強調されておられます。

直ぐに実行できる無料の健康回復法です。

[ 2018年2月6日 ]

 

 雪解け後の果樹園で樹々の手入れと

 健康な発芽を実現する手助け方法

 樹の枝の下根本の周りに植物酵素の散布が効果的です

 作物は発芽して 双葉の時点が最重要 と言われます。

 双葉の状態でその作物の出来不出来が決まります。

 

 健康な双葉を実現するためには 樹の根張りの場所に

 「惣作港」の5000倍希釈液を十分に散布します。

 植物酵素散布で、土壌のバランスよい肥料成分が吸収が

 可能となりますから、自ずと丈夫な発芽に繋がります。

 アルミと結合のリン酸を中和して吸収が可能性向上です

 窒素・リンさん・カリのがバランスよい吸収に繋がれば

 作物は健康な状態で生育する事になります。

 双葉の時点を大切に管理しましょう。

 

 

 

 

[ 2018年1月28日 ]

 

 

  世界的な寒波の影響が大きい新年です。

気温の変化に対しての身体がついて行けない事から

インフルエンザが流行につながっています。

うがいと同時に、手を綺麗に洗う習慣をつけましょう。

植物発酵液でのうがいは、体に不要物の排泄に作用します。

薬でない為に副作用の心配はゼロで、身体に安全です。

風邪に負けない元気な体で仕事に集中力をつけましょう。

[ 2018年1月15日 ]

リンゴの美味しい季節です

リンゴの皮をむいて暫くすると、変色します。

空気に触れて酸化するためと言われます。

変色を防ぐ方法をご紹介します。

宝水の500倍液をスプレー容器に準備しておきます。

リンゴの皮をむいた時にすぐスプレーします・

5時間程度は変色せず味も変わりません。

大根本体ににスプレーしてからおろしますと、変色する

時間が大幅にのびます。

生野菜などにもスプレーしておきますと、鮮度保持にも

役立ちます。

お試しください。

 

 

[ 2017年12月10日 ]

野菜の残留農薬を軽減しましょう

野菜を洗う水3リットルに宝水を3㏄入れます

野菜がたっぷり浸かるように3分間つけおきます。

残留農薬が排泄されて苦みが軽減されます

野菜の持つの本来の美味しさが戻ります。

植物酵素の力を先ずはお試しください。

 

[ 2017年11月22日 ]

 

    収穫後の圃場に植物発酵液の散布

天候に恵まれた作物の収穫も大方終了した季節

お礼肥えの意味も含めて、土壌の微生物を増やしましょう。

冬季の間に微生物が繁殖する事で、土壌が大幅に改善されます。

土が団粒化する事により、透水性、通気性が向上します。

栽培する作物が、生育しやすい環境つくりにつながります。

植物発酵液「惣作酵素」5000倍希釈液の土壌散布が効果的です、

微生物も酵素で繁殖が進み、土壌改善の促進効果につながります。

その結果は、栽培する作物が健康に生育する環境つくりです。

食品用植物発酵液から製造の「惣作酵素」を活用ください。

結果は作物が 答えを出してくれます。 お楽しみに。

     

                     アマノ酵素

 

 

[ 2017年11月13日 ]

    陰暦に基ずく作物の播種及び定植期間

地球上の作物は全て月の影響を受けて生育していますから

陰暦に基づいて栽培する事により作物は丈夫に生育します。

 

地上に実のなる作物の播種、定植期間をご案内します。

 29年11月18日  ~  12 月 4日

   12月18日  ~  1 月 4  日

 30年1月 17日  ~  1  月  31日

    2月16日  ~  3  月   2 日

    3月17日  ~  3  月    31日    

 

 地中にできる作物の播種及び定植期間のご案内

 29年12 月 4日  ~  12月 17日

 30年 1 月   4 日  ~   1月 17日 

     1 月 31日  ~  2月 16日

     3 月   2日   ~  3月 17日

    3 月   31日  ~  4月 16日

上記期間内に作業が出来ますと、作物は丈夫に生育します。

可能な限り実行されますようご案内いたします。

 

                 株式会社アマノ酵素

[ 2017年11月1日 ]

 

 北朝鮮問題で我が国は圧力をかける事に注力

太平洋戦争が起きた当時の日本の環境を振りかえり見る

事も判断材料の一つとして考えては如何でしょうか。

アメリカの従国でなく、独立国家である事を自覚し、

相手を追い詰めるだけでなく、話し合いの場を探す事

鼠窮して猫をかむ の諺があるように、十分な注意が必要

核の研究が進歩の時代に、もしも使用されたら大問題

地球上が破滅する事を真剣に自覚すべきではないでしょうか

世に完全はないといわれます。第七艦隊を過信しない事。

もしもの1発が 起きないことを祈るのみです。

[ 2017年10月30日 ]

 消費税10%に引き上げについて

消費税についてのみ問題にしていますが、所得税、法人税、消費税

について比較してみましょう。

年代     所得税    法人税    消費税  

1989年   21.4兆円   19兆円    3.3兆円

2016年   17.6兆円   10.3兆円    17.2兆円

比較    -3.8兆円   -8.7兆円    +13.9兆円

 

上記のように所得税と法人税は12.5兆円も減税になり

 消費税は逆に13.9兆円も増額しています。

所得税と法人税は元の税率に戻し、消費税の引き下げが必要では

上記の比較表を皆様はどのようにご覧になりますか

消費税のみ議論する前に所得税、法人税の含めてみる事が大切では

無いでしょうか。

[ 2017年10月24日 ]

酵素一筋、財界「特別企画」環境特集
酵素一筋
酵素にこだわり続けて80年
酵素は細胞の活性化を促し、人間に必要不可欠な消化酵素を補給します。
作物活性液NP7
植物100%で製造の植物酵素は、リン酸の吸収を進め健康作物栽培の生育促進に作用します。
作物活性液NP7の詳細
環境に安全なNPパウダー
圃場に鋤き込む事で害虫忌避成分が6ヶ月作用。
NPパウダー使用で、酵素の作用は地中と地上の立体的害虫忌避環境作りが可能となります。
環境に安全なNPパウダー詳細
酵素の活用法


Top