0120-83-8336
NPパウダーの説明と使用法

NPパウダー(顆粒と粉末混合態)

種別 土壌改良剤
商品名 NPパウダー(ハウス用)Noxious insect Prevention
目的 害虫の忌避成分を土壌には鋤き込むことで、忌避成分の維持が継続されます。
微生物の繁殖と燐酸の中和吸収に酵素が作用しますので、作物の活力が引き出されます。減農薬と安全な自然環境作りを促進する資材です。
原料 NP7(「宝水」「apple酵素ZII」、ニーム、どくだみ、にんにく、唐辛子、竹酢液)、ニームパウダー、樹皮、竹炭、糠、竹酢液、木酢液。
成分 カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウム等のミネラルに鉄、亜鉛、マンガン、ケイ素、よう素等の微量要素。葉酸等のビタミン。
カプサイシン、硫化アリル、酢酸、アザディラクチン、マルゴシン、サポニン等の害虫忌避成分に酵素(蛋白質を構成するアミノ酸)を含有。
形状 粉末顆粒混合体。
保存方法 直射日光不可。高温度(40度以上)や凍結は不可。
有効期限 1年
表示義務 なし。(食品用資材使用の安全商品。化学合成品無使用)
ACOH(北海道有機認証協会の有機資材リストに掲載されています。)
価格 20kg入り1袋 26,460円(税込)
配合 NPパウダー20kgと次の資材を配合します。
1)土などの資材2000kgにNPパウダー20kgを配合します。
2)堆肥2000kgにNPパウダー20kgを配合します。
上記の何れかと配合した資材2020kgに「惣作酵素」の1万倍希釈水を30リットル散布して5日以上寝かせてから切り替えします。
使用量 ハウス1棟(100坪)に配合品100kg
圃場1反(10a)には配合品300kg
NPパウダーは必ず100倍の土、堆肥、腐葉土等と混ぜて使用下さい。
注意 NPパウダーをそのままの状態で作物に撒きますと、成分が強い為に作物の生育に傷害が出ることもありますので十分にご注意下さい。
栽培中は土や堆肥と混ぜ、筋状に撒いて土壌に鋤き込みます。
酵素一筋、財界「特別企画」環境特集
酵素一筋
酵素にこだわり続けて80年
酵素は細胞の活性化を促し、人間に必要不可欠な消化酵素を補給します。
作物活性液NP7
植物100%で製造の植物酵素は、リン酸の吸収を進め健康作物栽培の生育促進に作用します。
作物活性液NP7の詳細
環境に安全なNPパウダー
圃場に鋤き込む事で害虫忌避成分が6ヶ月作用。
NPパウダー使用で、酵素の作用は地中と地上の立体的害虫忌避環境作りが可能となります。
環境に安全なNPパウダー詳細
酵素の活用法


Top